Practice makes perfect

トレード

「Practice makes perfect」

習うより慣れよ。継続は力なりという意味なのですが、

以前イギリスの出版社Macmillanで翻訳をされていた方に出会う機会があり、

その方に教えて頂きました。

PracticeとPerfectはどちらもPの発音のため、

音の響きも良いらしく、

英語の表現ではたびたび発音を合わせたりするこことがあるようです。

そういえば、日本もうすぐ、GWですね。

天皇退位や、新天皇の即位があったり、

過去最長の10連休。

こういったGWや年末年始、お盆休みなどは、

必ずシステムトレードはOFFにしています。

まだ記憶に新しい、今年の年末年始はUSD/JPYでフラッシュクラッシュといわれる突発的な下げが

ありましたね。

休みの時は取引量も少なく、

何が起こるかわからないので、

システムトレードをされている方はしっかりOFFにしておきましょう。


「休むも相場なり」と昔の相場師も言っているように、

GWの休みは少し相場から離れることも大事なことかと思います。

また、この休みを利用して、読書や、部屋の掃除、普段出来ていないこと、

新手法の検証や、相場の勉強に使うのが良いと思います。

さきほど、システムトレードOFFの話をしましたが、

GW、年末年始、お盆以外で私がシステムをOFFにしている時があります。

それは、「FOMC」です。

今日は有名な経済指標発表の代表的なFOMCについても

お話しさせて頂きます。

FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの公開市場操作のの方針、金融政策を決定する会合です。

日本では、「日銀金融政策決定会合」に当たるものがFOMCとなります。

具体的には、FOMCは、年6週間ごとに年に8回開催され、現在の景況判断と政策金利の上げ、下げなどの方針が発表されます。

発表後、一連の記者会見などが実施されます。

その結果が市場の予想と違った場合、

株式市場や為替レートが大きく変動することが多く、

世界の金融マーケットにも大きな影響を及ぼすため、自動売買システムはFOMC前に必ずストップする必要があります。

私もFOMCの時は必ず(含み損のだったとしても)2時間前~発表前にはEAをストップしています。

FOMC以外に雇用統計やGDP、ドラギ、パウエルの発言、最近ではブレグジット関連の時にも注意が必要です。

こういった重要指標時はかならずOFF。

過去にシステムをOFFにしていなくて痛い目に遭ったことがあるので、

今では多少含み損があっても必ずOFFにしています。

まさに、習うより慣れろですね。

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました